情報

投資信託 実績 2020年07月

こんにちはばんは。かっつむりです。

お恥ずかしながら昨年末くらいから、お金の勉強を少しだけしてます。銀行にお金を置いておいても増えないので、投資信託を余剰金で始めてます。

それに合わせて、会社で使える確定拠出年金も少額ですが始めましたので、本日はその状況を紹介したいと思います。

一般NISA

我が家は楽天経済圏を活用しているので、証券口座も楽天で開設しました。

投資のルール

楽天ポイントの通常ポイントはすべて投資信託に使う

小銭ができたら貯金箱に入れて、ある程度貯まったら投資信託へ充当

給与やボーナスで余った分は貯金8割、投資2割に入れる

7月5日現在の状況は以下の通りです

※投資開始日が3月からになってますが、途中まで特定口座で運用していたのを売却して一般NISAに移したので、開始時期が3月となってます。

楽天・全米株式インデックス・ファンドを購入している理由

●手数料がゼロなのと、信託報酬が安い

●日本と比較して経済が成長する余地があるということ。日本は人口が今後減っていく見込みで先細りと考えてます。

●リスク回避で全世界のファンドも考えましたが、全世界のファンドも中身は米国が大きく占めているので、シンプルに米国一択。余剰金なので、損したら諦めるくらいの気持ちでやってます。

今後の投資について

一般NISAが終わるまでは現状のままコツコツ積み立てようかと思ってます。その後、新NISAが始まる予定ですので、そちらに移行できれば移行して長期的に続けたいと思います。

企業型確定拠出年金

27歳で中途入社してから確定拠出年金自体が意味不明だったので、生命保険で積立を始めて、結婚しても嫁の年金保険をやってました。今思えば27歳から確定拠出年金をやっていれば・・・。っと思うばかりですが、何事も始めるのに遅い事はないという気持ちで昨年末から始めました。

最初はよくわからなかったのでとりあえず、24,000円から始めて、7月から42,000円に金額アップしてます。

掛け金が所得から控除されると結構効果あるんですよね〜

7月5日現在の状況は以下の通りです

DCダイワ外国株式インデックス

私の会社の確定拠出年金は三菱UFJ信託銀行で、その中の商品がいくつかありましたが、現在はこちらのファンド一択で投資してます。

現在私は40代前半なので15年以上の長期投資で考えると、世界恐慌がある可能性とバブルが来る可能性もあります。55歳くらいになった時の評価金額を見て、ある程度利益が出た時点で元本保証に切り替える予定です。

まとめ

まとめ

投資の資金は余剰金で行う

無くなっても諦められる程度にする

もう少し勉強したらETFなどに投資する