人生論

夫婦生活で気をつけていること

こんにちばんは。かっつむりです。

最近会社の後輩が離婚危機とのことで相談を受けました。

私の後輩は男で、奥さんから突然離婚を突きつけれられたとのこと。
後輩君の家族構成はこんな感じ。
・後輩君
・奥さん
・子供1 3歳
・子供2 1歳

奥さんの言い分だと、もっと家事や子育てに協力してくれる人だと思った。
今まで我慢してたが、もう限界。という感じみたいです。

明日は我が身ということで、自分も気をつけようと思った次第です。

どの家庭にも当てはまる夫婦円満の秘訣があれば、お金を出してでも聞いてみたいところですが、どの家庭も環境が異なるので難しいですね。

ということで、本日は私が夫婦生活で気をつけていることを紹介したいと思います。

日本での離婚状況

離婚率

さて、日本ではどのくらいの夫婦が離婚するのでしょうか?
テレビやネットでは結婚したカップルの約3割は離婚するといわれてます。

平成29年度のデータだと結婚した人が約60万件で離婚した人が約21万件だそうです。
このデータを見ると3割以上離婚してますね。

ただ、よくよく考えるとこの計算がおかしいことに気づくと思います。
結婚した人は平成29年度以外にももちろんいるので、割り算の分母の件数が全く異なるのです。

厚生労働省のデータでは日本の離婚率は1〜2%だそうです。

離婚の原因

【参考】裁判所|平成29年 司法統計19  婚姻関係事件数  申立ての動機別申立人別  全家庭裁判所

幸いなことに私の周りには離婚した人があまりいないので、このランキングが正しいかどうかピンときませんが、夫婦生活において気をつけた方がいいというのは間違い無いでしょうね。

私自身が気をつけていること

自分の親族にパートナーの悪口を言わない

結婚する前に嫁と私はルールを2つだけ決めました。そのうちの一つがこれです。

私は自分の親族に嫁の悪口を言ったことがありません。
たまには言いたくなりますが、その時は会社の人や友達に言うようにしてます。

自分のパートナーの愚痴を周りの人に言う時は多少話を盛ってませんか?
・金遣いが荒い
・子育てをしない
・家事をしない
・ソファーでゴロゴロしてばかりで動かない

普段相手のことを見てない人がこれだけを聞いたらどう思うでしょうか?
きっとその話の断片だけを切り取って親族中の印象が悪くなるでしょう。

自分のパートナーは親族から好かれた方がいいですよね。

お互いの親を大事にする

これも結婚前に決めたルールのうちの一つです。

還暦や古希など節目のお祝いは盛大に行う。
実家の帰省費用や、お互いの親が遊びに来る交通費はこちらで支給する。
お互い実家に帰る頻度が多くても文句を言わない。

ちなみに、コロナ前だと義母はほぼ毎月我が家へ来て孫と遊んでました。

なるべく全員で行動する

我が家は寝る部屋4人同じです。

仕事以外は全員リビングで過ごし、小さな買い物でも全員で出かけます。

娘の宿題をやるときや、ブログを書くときもリビングです。

私が仕事で朝早かったり、出張が多くて家族で顔を合わせる頻度が多くないので意識的に家では家族は一緒に過ごすようにしてます。

例外として嫁の息抜きが必要な時は私と子供だけで出かけることもあります。
この辺はバランスですね。

子供の前ではパートナーを立てる

これは嫁にお願いしていることです。

例えば嫁が私に塩対応したり、旦那を立てないで生活すると、子供が真似をします。

旦那さんは会社での役職が上がっても家庭では毎年地位が降格している家庭も少ないくないと思います。

将来的にこのような家庭で子供が育つと、結婚相手を敬ったり、立てることができなくなるので、我が家ではパートナーを立てるように子供に見せてます。

夫婦生活円満の為でもありますが、子供の教育上やっていることですね。

まとめ

本日のまとめ

夫婦円満の秘訣は家庭によって異なるが、相手方を敬うことが一番だと思います。

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。