人生論

10代のうちにやっておくべきこと!!

こんにちばんは。かっつむりです。

みなさんは後悔していることありませんか?
たぶん、多かれ少なかれあると思います。
もちろん私も過去に戻れたら戻りたいです。

今一番欲しいもの「タイムマシン」です。
タイムマシンで過去に戻れたらやりたいことが今日の結論です。
たぶんいろんな意見もあると思いますが、
1回だけ過去に戻れるとしたらきっと皆さんは過去よりも勉強を頑張ると思います。

それこそが本日の結論「勉強」です。

ということで、本日は子育て世代の人や、何故勉強しているんだろう?と思っている学生さん向けに、勉強することの重要性をお話ししたいと思います。

人生幸せになる方法

幸せの形は人それぞれあると思いますが、一般的にお金持ちは羨ましがられますね。

幸福度を測る一つの指標だと思います。もちろんお金が全てではないですし、お金を持つことによって不幸になる人はいると思いますので、今回は一般論でお金はあった方が良いというスタンスで進めます。

ということで人生幸せになる方法→お金持ちになる

きっと子供の頃に一度は憧れる大金持ち。プロスポーツ選手や、歌手、芸能人など特殊なケースを除いた場合の、学校を卒業して、企業に就職したことを想定したいと思います。

ここからは、勉強=したほうがいいと薄々理解しているものの、勉強するとお金持ちになるという理屈について説明していきます。

学歴別生涯年収

大卒になると平均では生涯年収が上がることがわかります。男性だと5千万円以上の差がありますので、家1軒購入できる計算です。

やりたいことはなくても、とりあえずは大学を卒業する方がメリットがありそうですね。

※データは独立行政法人労働政策研究・研修機構『ユースフル労働統計-労働統計加工指標集-2019』より参照してます。

大学別生涯年収ランキング

1.東京大学:4億6126万円

2.慶應義塾大学:4億3983万円

3.京都大学:4億2548万円

4.中央大学:3億9368万円

5.早稲田大学:3億8785万円

6.一橋大学:3億8640万円

7.上智大学:3億8626万円

8.同志社大学:3億8590万円

9.青山学院大学:3億8578万円

10.法政大学:3億8103万円

※卒業生の就職先データを基にコンサルティング会社「AFG」が試算

※出典: 日刊SPA! 「東大卒 vs 京大卒」年収はどっちが上か? 

大学卒でも、一般的な大学と東京大学を卒業した場合では約2億円の生涯年収差が発生しますね。高校卒から比較すると2倍以上です。

こちらで紹介した大学を卒業すると、医者・官僚・銀行・超一流企業に就職することが可能のようです。

昔よりも学歴社会ではないと言われておりますが、まだまだ日本は学歴社会ということになります。では、なぜ学歴が高いと収入が高くなるのでしょうか?

高学歴の方が年収が高い理由

1、教育を多く受けているため生産性が高い。

2、学生時代に努力したことにより、社会でも努力する方法を知っている。

3、年収の高い業種を選択することができる。

4、大企業の採用担当が高学歴なので、学歴が高い方が好まれる

上記4つはあくまで私の主観によるものです。ただし、私も上場企業で採用担当をしたことがあるので、考え方として遠くないと思います。

一番影響があるのが3番の、仕事を選べるということです。

年収が高い仕事の多くは資格が必要です。医者・弁護士・税理士・1級建築士など。

資格を取るためには勉強が必要となります。ですので、小中学校までは勉強の仕方に慣れることが重要で、高校以降は専門的な勉強をすることが重要だと思います。

まとめ

本日のまとめ

お金を稼ぐには勉強が重要

給料のいい会社に入るにも学歴が重要

稼げる資格を取得するにも勉強が必要

ちなみに私は3流大学を卒業して、倒産寸前の会社へ就職して、給与がもらえないという経験もしてきました。その後複数の企業で苦労を重ねて、今は上場企業に勤めてますが、自分の子供やこれからの若者には同じような経験はして欲しくないと思います。

ではでは